Home. Archives. Contact. About.
Volunteer Monologue No.5
ボランティア・モノローグ 5
Heath Caroline  
66 years
ヒース・キャロライン 66歳
Working for the National Trust
ナショナル・トラストの森林で働く
2014 March 
※文末の日本語訳を参照ください。














//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
Time to return something to the community
I often thought I would like to do volunteering when I retired. It is good time to return something to the community, isn’t it? It is nice to have the time to do something for other people. I probably think in this way as I was brought up by my grandmother and she used to help at her local church and a club for children with learning disabilities. I myself have not got a strong religious belief but this does not mean that I do not want to give things back to the community.

Learn something new and take on a new challenge
I did not want to do anything to do with teaching as I was a teacher.  I was ready for a change.   I wanted a challenge and to be where I could learn new things. I have always enjoyed going to National Trust properties and particularly finding out how people lived in the past.  What they wore, what they ate and what work they did etc.   So I approached the National Trust to become a volunteer via their website but was advised to contact a property directly.  Then I phoned up Standen which was one of the closest to our home and they instantly said to me ‘Come and see us’. That was what I did. It was autumn 2004 just before the property was closed for the winter.  I went along to find out what was involved in being a room guide.  I saw what they did and after a couple of hours I was actually helping as a room guide. It was lovely. I enjoyed interacting with the public and I still do volunteer guiding.  As well as giving information to our visitors about the house and family I often learn new facts myself.  We had a visitor recently who was related to the family and remem bered visiting when he was a small boy.  He recalled playing on the rocking horse that we still have in one of the rooms.  I have also become involved with the team that cook on the coal fired range in the kitchen.

Working in the woods all through the year
I was told ‘There are lots of opportunities to volunteer here’.  Volunteers are very active working in the gardens and in the woods. I know a bit about the gardening but did not know much about woodland work, so I chose to get into working in the woods. I started very early in the winter of 2005. You can really only work in the woodland doing things like cutting trees down during the season when the plants are dormant and birds are not nesting. So much of our work is done in cold, wet and windy weather.  Trees can only be coppiced in the winter. We cut the branches near to the ground making sure the cut is at an angle so that rain does not get into the centre of the tree and cause disease where you make the cut. Over a period of 8-10 years the trees will grow again if you have done the job right.  The wood we cut is mostly used around the grounds of the house.
When you are coppicing, you are clearing the ground so that light can reach the ground. You can get lots of plants that have not germinated for years beginning to grow again. Then you get butterflies and bees and all sorts of other insects coming in followed by birds and other animals.
I feel privileged working with team of people who know so much about ecology and nature studies. Everyone brings their own skills to the jobs.
Usually about 30 people work in the woods. We meet once every Wednesday for 5-6 hours and work all through the year.  Mostly the people are retired, but young students on countryside management courses also come for experience. The first time I was tired but really felt good working together with a team of people who enjoy many of the same things that I do.  Because I was a teacher, my work did not directly involve this type of team work.  This was one more reason that I decided to do this work and I have been doing it ever since.
Even in heavy rain and wind or a bit of snow we still work in the woods. There is only one time we do not work, if there is a gale. In the winter up to March the pressure to do coppicing is really on.  Other work can be done during the rest of the year.

Seeing the job through to the end is a pleasure
We have other projects for when we cannot coppice in the woods.  We build board walks through the woodland so people can walk and enjoy the woods without getting too wet and muddy.   We have done this in two areas of woodland.  We will continue to do this, building a new section whenever we have enough money for materials. At the moment we are mending a big section because we had trees come down during the winter storms that destroyed at least 15m of board walk.
We have made picnic tables and benches and also built a wooden bridge over a stream.  Recently we have made a woodland pond accessible so that children can come to enjoy pond dipping safely.  One of our biggest projects was building a big barn with oak from the woodland. This barn was built without nails just using wooden pins to hold the beams together.   We made the wooden pins too.  Seeing the job through to the end was a great pleasure. When the barn was finished we had a party. We got all our names carved on the rafters. That was a real sense of achievement.
Every few weeks we do a health and safety walk in the woods too. Two or three of us go off to walk all the way around the woodland footpaths checking to make sure it is safe and that there are no tree branches hanging down dangerously or other plants like brambles blocking the paths.   Apart from the work I have mentioned we help with anything that is needed in the woods and garden. We make charcoal using wood from woodland. The only thing I do not like is that I get very sooty when we empty the kiln and bag the charcoal up.  The charcoal is sold to our visitors for their barbecues.  This helps us to buy more materials to extend the board walk.

Never bored as there is always something new to see
In the spring flowers are coming out and birds sing while we are working.  Areas that we have coppiced have beautiful bluebells in April/May.  I have never been bored working in the woods. My sons think ‘Mum is off to slash and burn again,’ because I nearly always come home covered in mud and quite often smelling strongly of bonfire. We only burn the bits of wood that we cannot use for anything else. Bonfires with colleagues are very enjoyable. We usually make our lunch time cup of tea using the bonfire to boil the kettles.  Each December we have a Christmas barbecue next to our oak barn.
If I had not been a volunteer I would have missed many opportunities to learn new things and the companionship of the people I meet at Standen, which would be difficult to replace.  More importantly I hope that my contribution helps everybody that comes to Standen enjoy their visit.  It is privilege to share such a beautiful and interesting place with others.
////////////////////////////////////////////////////////////////
ボランティア・モノローグ 5
キャロライン・ヒース 66歳(元物理教師)
ナショナル・トラストの森林で働く

時間のある今だから、地域社会に恩返しを返したい
退職したら何かボランティアをしようと、いつも思ってました。地域社会に恩返しをするには一番いい時期だと思いませんか?他の人たちのために何かをする時間があるって素敵なことですよ。そういうふうに考えるようになったのは、たぶん祖母に育てられたせいなんです。祖母は地元の協会や知的障害者たちのクラブのお手伝いをしていました。私自身は宗教の信仰を強く持っているわけではありませんが、だからといって、地域に何かを返したいという気持ちがないということではありません。
教員をしていたので、教育に関わるようなことはなにもしたくないと思いました。変化を望んでいたんです。何か新しいことを学んだり、何かに挑戦したいと思いました。私はよくナショナル・トラストのお屋敷に見学に行っては、昔の人々の生活のあり方を学んで、楽しんでいました。どんな衣服を着て、なにを食べて、どんなことをしてすごしていたのか。。それで、ナショナル・トラストにウェブサイトをとおして連絡してみたのですが、直接近くのナショナル・トラスト運営のお屋敷に連絡するよう助言されました。
それでうちの近くのスタンデンというところへ電話したら、すぐに訪ねていらっしゃいと言われたんです。2004年の秋のことでした。冬にはお休みになって、見学ができなくなるのですが、そのちょっと前のことでした。わたしは数時間ほど、先輩のお屋敷のガイドの人についてまわりました。初めはその人たちのすることをみていましたが、最後の頃にはガイドの1人になって働いてました。楽しかったです。見学の人と話をするのがなかなかおもしろかったです。今もお屋敷でのガイドをしています。
お屋敷とその所有者だった家族についての情報を見学者に伝えるだけでなく、私自身が新しいことをしばしば学んでいます。最近、この家族の親戚で小さい頃遊びに来ていたという人が訪ねてきました。彼は木馬に乗って遊んだって言ってました。今もその木馬は保存されています。
それと、私、このお屋敷の台所の炭を使うレンジで、お料理をするチームにも参加しているんですよ。(写真参照)

●森林のなかで1年をとおして働く
スタンデンには、ボランティアにしてほしいことがたくさんある、と言われました。庭とお屋敷を囲む森でもボランティアは活発にはたらいています。私は森で働くことを選びました。だって庭いじりは家でもしていますし。でも森のなかでどんなことをするのかは、よく知らなかったのでやってみたかったんです。2005年の初冬に始めました。
森の中で、木を切る作業は冬の季節にしかできないんですよ。森の植物が休眠状態で、鳥たちが巣をつくったりしないときでないと。ですから、私たちの仕事は寒くて、雨が降り、冷たい風が吹いているようなときに行われます。木を切る方法ですが、地面に近いところで斜めに切ります。そうすると、水が幹の中心に浸み込んで木が病気になることを防ぐことができるのです。8-10年もすると、一度、地面近くまで切った木も、切り方さえちゃんとしていれば、また成長します。切り取った木は、お屋敷の周囲のためにいろいろと使われます。
木を切ると、森の中に光が入ってきます。長年、芽を出さなかった植物が、その光のせいで発芽しだすんです。そうすれば、蝶も蜂もその他の昆虫も現れます。そして鳥も動物もね。
私たちの森林チームのボランティア・メンバーはほんとに自然の生態や環境についてくわしいんですよ。そういう人たちと働くのはとっても恵まれたことだなと感じてます。1年中、毎週、水曜日、いつも30人くらいが森にいきます。5,6時間働きますね。たいていが退職した人、でもカントリーサイド・マネジメントを学ぶコースで勉強している若い学生が体験学習にやってきます。
最初の日は、ああ疲れたと思いましたが、同じようなことを楽しむことのできるチームのみんなといっしょに働くのは気持ちがよかったです。先生として働いていたときは、この種のチームワークの仕事はなかったんです。だからこういったことも、私がこのボランティアを選んだ理由のひとつでした。そしてずっと今も続けています。
雨が激しく降っても、風が吹いても雪が降っても休みにはなりません。例外はひとつ、ひどい強風のときはさすがにお休みです。3月までの冬の間は、とっても忙しいんですよ。さっき言ったように木を切る仕事があるので。あとの作業はいつでもできますけどね。

仕事の完成を見るのは喜び
森で木を切ることのできない季節は、他の作業をします。森の中いたるところに、木材で遊歩道を作るんです。そうすれば、見学者たちが、ぬれたり、泥だらけにならずに歩けますからね。森の2つのエリアで遊歩道を作り終えました。これからも資金と木材ができさえすれば、遊歩道を延長していきます。今のところは、補修中です。というのは、この冬の台風で、木々が倒れ、5メートルくらいの遊歩道が壊れたんです。
ピクニック用テーブルも作りました。小川に橋もかけました。それから森の中の池で、子どもたちが安全に遊べるようにしました。一番大きなプロジェクトと言うと、けっこうな大きさの小屋を森から伐採したオーク材で建てたことでしょう。この小屋は釘などは一切使っていなくて、木のピンではりをつないで、つくったんですよ。木製ピンも私たちが作りました。完成したときはすごくうれしかったです。みんなでパーティをして、自分たちの名前を彫りつけました。ほんとに、なにかを達成したという気持ちになりましたね。
数週間ごとに、森の安全点検のために、ボランティア数人が森の小道を歩きます。枝が折れて小道にかぶさっていないか、とげのついた黒苺(ブラックベリー)の潅木が小道をふさいでいないかなど調べて、対処します。そしてこれまで触れたこと以外でも、庭と森の作業で必要なことはなんでもやります。私が唯一嫌いなのは、炭焼き釜から炭を出して、炭を袋に入れる作業です。顔もからだも煤けてしまうんですよ。ちゃんと炭焼きがまがあって、バーベキュー用の炭を作って売っているんです。その売り上げは、遊歩道の資金にまわります。

いつも新しいなにかが見つかるので決してあきない
私の働く森には、春には、花が咲き、鳥が鳴きます。4月、5月になると、木を切ったあたりには、ブルーベルが一面に咲きます。森で働くのにあきたと思ったことがありません。息子たちは、「あ、またママは木を切ったり、燃やしたりに行くんだな」と思ってるでしょう。私は、だいたいいつも泥だらけで、しかもしばしばたき火のにおいをさせて家に戻るんです。使い物にならない切った木は燃やすしかないので、ときどき仲間みんなでたき火をするんです。これがまた、とっても楽しいですよ。ふつう昼食時にたき火でお茶のお湯を沸かしたりします。毎年12月には、例の小屋のそばでクリスマス・バーベキューをします。
もしボランティアをしていなかったら、新しいことを学ぶ機会や、スタンデンで出会うさまざまな人たちとの仲間づきあいが、存在しなかったということです。それは尊いもので、他のことで、簡単に置き換えられるようなことではありません。そしてなによりも、私のしていることが、スタンデンに見学に来る人たちの役にたっていると思いたいです。他の人たちと、美しくて興味深い場所を分かち合えるということはなんという特権なのでしょう。